ダイヤモンドなどの宝石の鑑定は資格が必要

ダイヤモンドをはじめ、様々な宝石の価値はどれくらいなのだろうと思ったことはありませんか。

ダイヤモンドなどの価値を鑑定できるのは、宝石鑑定士という資格がある人ですが、この資格を取るにはどんな勉強をすれば良いのでしょう。

☆国内で取得できる資格

現在、日本国内で取得できる宝石鑑定士の資格は、G.G、JBSジュエリー鑑定士、FGA、DCの4つが主になります。

この中ではG.Gが世界でも最高峰の資格で、取得するための費用もかなりかかります。

資格取得のためには海外の学校に行って授業を受けるのですが、それが無理であれば国内で通信教育を受けることができます。

☆資格取得にはそれなりの費用が必要

宝石鑑定士になるには、講習を受けなければならないのですがいずれもまとまった費用がかかります。

一番高いのがG.Gですが、一番リーズナブルなものでも50万円前後かかりますのでそれなりの準備をしておかなければなりません。

☆資格取得後はどこで働く?

宝石鑑定士を取得した後は宝石を鑑定する機関へ就職する人が一番多いのですが、中にはブランド品や宝石などの買取店に就職する人もいます。

適正な買取金額を提示する為には正確なダイヤモンドの鑑定が必要となるからです。

簡単に取得できるものではないので、それほど多くの人が持っていない資格ですから、宝石関係の仕事に就く時に有利になるかもしれません。

しかし資格を持っているのだから雇ってよ!というような態度では難しいかもしれませんね。