10月 29 2017

ダイヤモンドの選び方…クラリティを確認

ダイヤモンドを選ぶ時、もう一つチェックしたいのがクラリティです。

クラリティというのは、透明度のことですが、大抵のダイヤモンドには内包物があります。

その内包物の数や色、大きさなどによってグレードが決められます。

少ないものほど価値が高くなります。

鑑定書を見た時、どんな評価のものを選ぶと良いのでしょうか。

☆クラリティのグレードは

クラリティには、FL、IF、VVS1、VVS2、VS1、VS2、SI1、SI2、I1、I2、I3というグレードがあり、FLが最高評価になります。

FL評価のものは、ダイヤモンドの指輪の鑑定書ではお目にかかることはないであろうほどのもので、美術館レベルと言われています。

IFについてもかなりのレベルなので、あまり無いと言われています。

☆婚約指輪ならこれ

婚約指輪として選ぶのであれば、VVS1、VVS2くらいがかなりきれいなのでおすすめです。

VS1、VS2でも肉眼で内包物は見えませんので大丈夫だと言われています。

これら以下になると、婚約指輪にするならあまりおすすめできないレベルです。

☆鑑定書の見方を知っておこう

ダイヤモンドのジュエリーを買った時に鑑定書を一緒に渡されますが、いつもじっくりと内容を確認しませんよね。

ダイヤモンドの価値を証明しているものなので、どれくらいの価値があるものなのかを知るために、鑑定書の見方を知っておくと良いですよ。

お店でも、ダイヤモンドの4Cのことをちょっと知っていると、お店のスタッフも「いい加減なことはできない」としっかり向き合ってくれることでしょう。

Comments are closed.